歯周病治療

早期発見・早期治療を心掛けます

歯周病は、歯周細菌と呼ばれる細菌が歯周ポケットに入り込むことで発生します。
自覚症状を伴わない状態で進行していくため、放置しておくと歯を支える顎の骨が破壊され、最終的に歯が抜け落ちてしまうケースもございます。
手遅れになってしまう前に早期発見・早期治療を行うためには、ご自宅で行う歯磨きと、歯科での定期検診をしっかり行い、歯周病から歯を守りましょう。

細かなところも見逃しません

最初に歯ぐきの状態、お口の中の清掃状態を確認し、軽度な場合は歯石や汚れをとることが中心となります。
進行が進んでいる場合は、外科処置を併用してより深い部分についた歯石を取り除きます。それ以上の場合は抜歯になってしまうこともあります。

ブラッシングの指導もいたします

衛生士がブラッシング指導を行い、患者様の毎日のブラッシングをより効果的にするための指導を行っています。(補助用具、歯磨剤などアドバイス等)

一般歯科

テキスト
テキスト