治療の流れを細かく説明

お子さまの歯や顎は日々成長し、変化しています。
そのため当院では、治療を始める前にお子さまの成長段階に合わせた治療計画を立て、保護者の方にしっかりと治療の流れをご説明させていただきます。
治療を行うときは、お子さまの気持ちに寄り添うことを第一に考えています。コミュニケーションを取りながら、歯を削る恐怖や痛みに少しずつ慣れていけるよう段階を踏んだ治療を行います。
歯科に初めて来院するお子さまや、治療を怖がってしまうお子さまも、安心して当院にお任せいただければと思います。
お子さまが生涯むし歯で困ることのないよう、小さな頃からしっかりとケアを行いましょう。

トレーニングをしてお子様の緊張を和らげます

初めての歯医者など、とても緊張することが多いと思います。
まずは歯医者になれるように、お子様にあった環境作りを心掛けています。
トレーニングを行い、慣れたところで診療を開始しています。
またフッ素塗布も行っています。
フッ素はむし歯になりにくくすることは出来ますが、補助的なものです。

お子様に最高のプレゼントを

日々のブラッシング、仕上げ磨きが大切です。
当院のスタッフは子育て中のお母さんが多く、お子さんだけではなく保護者様の相談にも寄り添い、アドバイスができるかと思います。
一緒にむし歯のないお口をお子様にプレゼントしていきましょう。

一人一人のペースに合わせた診療

当院では初診時から無理に診療を行うのではなく、まずは歯医者に慣れるようコミュニケーションを大切に、その子一人一人のペースに合わせて診療を進めていきます。
虫歯になり歯を削るなど怖い経験を初めにするとお子さまは歯医者嫌いになってしまい今後の治療が困難になってしまいます。虫歯になったら歯医者に行くではなく、予防に目を向け小さいうちから歯医者に行きましょう。

シーラント

歯の溝にお薬を流し込み埋めることで汚れがたまり虫歯になることを防ぎます。

フッ素塗布

フッ素は歯質を強くし虫歯を予防するだけでなく、虫歯になりかかっている歯を治す働き(再石灰化)を促進する効果があります。
歯科医院で受けるフッ素塗布は家庭で使う歯磨剤よりも高濃度のフッ素を使っているので定期的に塗布することでより高い効果が得られます。当院ではより効果を高めるため2回塗布します。1回目から1週間ほどあけてもう一度塗布します。

小児歯科の流れを確認する

一般歯科

テキスト
テキスト